デジタルサイネージの運用

HOME > 商品 / サービス > デジタルサイネージの運用
デジタルサイネージの運用メインビジュアル

インターコスモスでは集客のスタンダードである液晶サイネージとLEDビジョンを、豊富な種類やサイズでお取り扱いしております。
また、複数台へのコンテンツ配信が可能な運用システム「インコスネット」もご用意しておりますので、
機械の導入からコンテンツ配信運用までワンストップでお任せください。

クラウド型デジタルサイネージ配信システム『インコスネット』

インコスネットイメージ図

インコスネット(iNCOS NET)は、インターネットを介してクラウド上で動画・静止画コンテンツを配信する、クラウド型デジタルサイネージサービスです。STB(再生端末)がインターネットを通じてクラウドに接続しているため、サーバーなどの周辺機器はいりません。
パソコンのWebブラウザからコンテンツ制作や高度な配信スケジュール管理が簡単にでき、また、 STBの死活監視もできるので、大規模なサイネージシステムでも確実な稼働管理が可能になります。

インコスネットの仕組み

下図のようなSTBとディスプレイの組み合わせ + iNCOS NETなら、コンテンツ作成や配信・管理がクラウド上で手軽にでき、外部コンテンツの配信も可能。「東京で制作したコンテンツを、離れた地域で放映する」というような遠隔配信も行えます。
私たちはお客さまの業種・業態ごとにおすすめの配信コンテンツや設置場所についてサイネージの利用シーンをご提案いたします。
よりお客さまのビジネスにあったコンテンツの制作も弊社で対応可能です。ぜひお問い合わせください。

従来の仕様:スタンドアローン構成
矢印
インコスネット:クラウド構成

導入のメリット

サイネージ運用イメージ図
  1. 1台のPCから複数台のサイネージにコンテンツ一括配信可能
  2. コンテンツ配信のスケジュール作成が簡単で運用コスト削減
  3. 多彩なオプションラインアップで、ニュース・天気予報・災害情報などのコンテンツを配信可能
  4. オリジナルコンテンツ作成機能が標準装備
  5. 様々なデータ形式を変換再生できる機能が標準装備
  6. クラウド仕様なのでどこからでも、どのPCからでも使用可能

設置場所別活用シーン

店頭・店舗
店頭・店舗
イベント・展示会
イベント・展示会
大規模集客
大規模集客
公共スペース
公共スペース

INCOS NETの規約・申込書
ダウンロード

お問い合わせはこちら

プライバシーマーク

一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より個人情報の適切な取扱いを実施している企業であることを認定する「プライバシーマーク」(Pマーク)を取得しています。